世界紀行 ESSAY,5『パリでのお買物』




ESSAY,5

『パリでのお買物』



今日は、楽しみにしていた、ショッピングの日です!

最初は、オー・プランタンと、ギャルリー・ラファイエットに向かいました。

オペラ座の近くにあり、いつも多くの人で賑わっています。

(人が多いだけに、夕刻になると、ゴミで道が汚くなります。

 大好きなパリなので、これだけは残念・・・。)

プランタンやラファイエットは、日本のデパートと、それほど違いがあるわけではありませんが、色の豊富さには、やはり圧倒されます。

どの商品のディスプレイも、フランスならではの色合いと、洗練された組み合わせが楽しめて、見ているだけで、ワクワクしてきます。



そう言えば、街を歩くパリジェンヌ達のファッションにしても、高価な洋服や、最新のファッションで身を飾るというより、髪や瞳の色に合わせて、色の組み合わせを楽しんでいるように思います。


もちろん、黒や白、グレーなど、

シックでシンプルな色でまとめるのも素敵ですが、複数の色を組み合わせて、"色を遊ぶ"ことも、素敵だと思うのです。

私は、自分の洋服を選ぶ時、質や素材はもちろんですが、色もかなり重視します。

派手な色を好むとかではなく、色と色の組み合わせ、配置、分量を考えて、揃えるようにしています。ハッとするような、新鮮で素敵な色合わせ等は、私の経験上、

インポート物に多い気がするので、チェックはかかせません。


お花のアレンジメントのレッスンでも、常に色の妙味を活かした、

新鮮なアレンジを心がけるようにしています。

お花はそれぞれが、素敵な色を身にまとっています。

その組み合わせ次第で、表情がまるっきり変わってしまうのが、

アレンジメントのおもしろいところです。

それぞれのお花の個性を大切にしつつ、

全体的には、美しいハーモニーが響くようにと、考えていますが、

色で遊ぶだけでなく、いろいろな素材も組み合わせていくと、

アレンジのアイディアも、無限に広がるので、

時間を忘れて、つい夢中になってしまいます。

色で遊ぶって、楽しいと思いませんか?




さて、ショッピングと言えば、やはりブランド店もチェックしたいですよね。

エルメス、ヴィトンなど、いくつか訪れましたが、

中でも印象深かったのは、エルメス本店でした。

まず、ショーウィンドウをちらっと見ると、区切られたスペースごとに、

ストーリーと、シーンが展開されていました。

6月だったので、これから始まるバカンス気分いっぱいの、

夏の海のリゾート、ピクニック、上品なダイニング・テーブルなどが、

遊び心を覗かせながら、ディスプレイされています。

でも、ステイタス・シンボルとしての気品もきちんとあって、

背筋がスッと、伸びるような気がしました。


さぁ、姿勢を正して、中に入りましょう。ちょっと緊張する瞬間です。

二階のフロアで、一番眼をひいたディスプレイは、

ガラスのショーケース(高さ1mぐらいのケース)の上に置かれた、

アレンジメントでした。

2、3色の淡い色のスイトピーだけを、300本ぐらい贅沢に使っています。

そのアレンジは、潔くて、上品で、気高い雰囲気すら感じられました。

エルメスの心意気というか、エルメスが生活の中に提言したい、

志の高さを見せられたようで、ハッとしました。

一流であるということは、商品が一流であることはもちろんのこと、