ESSAY,3 パリのお散歩 ~マルシェからセーヌ川まで~

ESSAY,3

『パリのお散歩 

~マルシェからセーヌ川まで~』



今回は、パリでみつけたマルシェのことなどを、書こうと思います。

お散歩気分で、おつきあいくださいね。



ある日の朝食後、『今日は何の計画も立てずに、パリを歩いてみよう』と思いたち、ホテルを出てセーヌ川方向へ、ふらっと歩いてみました。

しばらく、美しい街並みを歩くと、見つけました。マルシェです。

マルシェとは、市場のこと。

ここパリは、フランスの首都であるにもかかわらず、ほとんどの人が、スーパーやデパートよりも、マルシェを利用して、

食料品を買い揃えているようです。

というのも、大規模な常設市場の他に、街の広場や大通りに、大小約80ものマルシェがあるからです。

日本で言えば、"朝市"のようなものでしょうか。


私が歩いていたのは、パリ8区の中でも、ファッション関係のお店が比較的多くある商業地区でしたが、

一歩、裏通りに入ると、おしゃれなお店と共に、

普通のアパルトマンやオフィスも並んでいます。

そんな空間に、マルシェはごく自然に溶け込んでいました。

たぶん100年前と少しも変わらない風景のまま、

都会に住む人々の食を支えているのでしょう。


さてマルシェでは、日本の「縁日」の時と同じようなテントが、

道の両脇に並びます。

氷を台の上にいっぱい敷き詰め、

その上に色鮮やかな魚を並べて売っている魚屋さん、

鳥が丸ごと並べられた肉屋さん、色とりどりの新鮮な野菜たち、

果物を扱うお店、調味料(香辛料)のみを売っているお店、などなど、

さすが食の王国フランスです。

パリ近郊から運びこまれた、新鮮で旬の食材が、

これでもかというほど豊かに並んでいます。


常連客らしい人と、お店の人との賑やかなやりとりや、

ご近所同士らしいおばあさん達の立ち話など、

陽気で活気のある雰囲気を楽しみながら歩いていると、

焼き立てのバゲットに、チーズや生ハムをはさんだサンドウィッチ屋や、

クレープの屋台、アイスクリーム屋さんも見つけたりして、

何だか本当に縁日のようで、ウキウキします。

豆類だけを扱っているお店、チーズのお店、生ハムやベーコン、

燻製を扱っているお店、本物かどうかは怪しいですが、

キャビアなど高級食材を扱ってるお店もあります。

そして何と、"ハーブ"だけ専門に扱っているお店も見つけました!


"ハーブ!"

フランスでは、たくさんの種類のハーブが、

当たり前のように日常の食卓を飾ります。

ですから、ハーブ専門のお店があっても不思議ではありませんが、

こんな街中で、しかも新鮮なハーブが

簡単に手に入るなんて、驚きです!

日本でも、しそ、山椒、パセリなどは、スーパーでも購入できますが、

西洋ハーブのマーシュ、バジル、ロケット、セージ、フェンネル、

コリアンダー、タイム、マジョラム、ローズマリー、

ディル、チャービルなどは、高級食材を扱うスーパーでしか、

品揃えがなく、しかも鮮度がよくないのです。

ハーブ好きな私としては、本当にうらやましい限り!


私は特に、バジル、ローズマリー、コリアンダーが大好きで、