世界紀行 ESSAY,2『~花市場~』

ESSAY,2『~花市場~』


いよいよ、今回の旅の重要な目的の一つ、

フランスの花市場"ランジス"の見学に出かけました。

この日も晴れて、夏のような日射しの中、

ホテルからTAXIで、30~40分くらい郊外に向かいました。


オルリー空港にほど近い、ランジス市場に到着すると、

まずは、入り口を探すところからスタートです。

というのも、市場は大きな倉庫のような場所で、

いきなり迷子になってしまったからです。

こういう時は、動き回らずにじっとしているのが鉄則。

しばらく歩いている人の様子を見ていると、

"あっ、入った!あそこだっ!"と、入り口らしきものを発見。

友人と大きなステンレス・シルバー色の扉の前に立つと、

自動扉が開いて、フランス花市場へと、

最初の一歩を踏み出したのです。


入ってまず感じたことは、"寒い!"ということでした。

目の前に広がるお花の光景よりも、

体感温度の印象が先にたつなんて、

おかしいでしょうか?

この時のフランスは、初夏にしてもかなりの暑さでした。

ですから、冷房がきいていて当然なんです。

でも、東京の大田市場は、

あちらこちらの入り口が開放されているので、

夏の暑い日でも、冷房効果があまりない状態。

そういう固定観念があったので、市場が寒いなんて、

想像もしてませんでした。

暑さに弱いお花を扱っているのですから、

冷房されていて当たり前ですよね。

ちょっと、うかつでした。


でも、寒さにひるんでる場合ではありません!

市場は1Fに生花が、2Fに小物とドライフラワー

が置いてあります。

"セリ"は、どこを見ても、行われていません。

おそらく、対面形式の販売なのでしょう。

この市場に到着したのが、午前9時頃と、

市場にしては遅い時間だったので、

買付けの人は、ほとんどいませんでした。

ただ、こんな所にまで、犬を連れて

買付けに来ている人がけっこういたので、

さすがフランス!と、妙に感心してしまいました。

フランスでは、犬がよくしつけられているので、

子供連れでは入れない場所でも、犬なら立ち入り可能なんです。

日本では、ちょっとこんな光景、考えられませんよね。


さて販売についてですが、お花の種類は、

基本的には日本と同じ様でした。

そして、ここフランスでも、バラは女王様。

他のお花に比べて、だんぜん多品種、大量に販売されていました。

またこの時期(6月)は、"あじさい"の季節でしたので、

それはそれは、たくさんのあじさいが、

色とりどりに笑って出迎えてくれました。

日本よりも、色のバリエーションの多いこと、多いこと!