世界紀行 ESSAY,1オペラ座・荘厳のパリ

ESSAY,1『オペラ座・荘厳のパリ』






パリ9区、オペラ座、陽光の6月末… とにかく眩しいんです。


この年のパリはパリジャンもびっくりの暑さとなり、

お日様はもうさんさん燦燦で気温は32度。

でも、湿度が低いせいでしょうか。

太陽の光を浴びることが"楽しい"という感覚です。

この日は珍しく、オペラ座前の広場(オペラ広場)に観光客がまばらで、

私は、この白い劇場と一緒にパリの夏を実感していました。


真っ白。そう、オペラ座は、もともと大理石のホワイトを

メインカラーとする純白の国立歌劇場だったのです。


創建から150年ほどを経て、すっかりクラシカルな風合いとなって

いましたが、新ミレニア


ムを機に完成当時の姿へと修復されました。

今回で幾度目かのフランスですが、以前とは印象が異なり新鮮です。


私が訪れたときには外観の修復工事も済み、本来の硬質なホワイト(壁)、

瑠璃色(屋根)、ゴールド(屋根上のギリシャ神像)が、

強い日差しに輝きをかえしていました。



オペラ座の正面には、大きな人物彫刻とアーチが並んでいます。

その間を抜けて中へ入ると、まず玄関ホール。

それから少し進んで、普通の劇場が1個入ってしまうほど

大きなホワイエ(社交ホール・観劇の前後と休憩時間等に利用する)

に出るのですが…

ここはまさに、オペラ座が"世界一美しい劇場"と呼ばれる由縁を、

いきなり見せる場所でもあります。


まず、その荘厳なありさまに心を奪われます。6層にわたる吹き抜け、

キャンドルとガス灯を模した照明がそこかしこに散りばめられ、

淡い光が、大理石やしま縞めのう瑪瑙の柱に、アーチに、

そしてフロアに柔らかく広がり、

細密な彫刻と天井画たちを浮かび上がらせます。

ひときわ目を引く中央の大階段は、ばら色の手すりに縁取られ、

さらに奥の劇場へと続いてゆきます。

その姿は、訪れた人の心を日常の衣装から解き放ち、

優雅と幻想の世界へいざな誘います。


初めて足を踏み入れたときには、はっと息をのみ、

ざわめく観光客の存在も、しばらくは忘れていました。

そして、フランス上流社会の美意識に、心の中で拍手を贈りました。


オペラ座が建てられた19世紀中葉には、貴族風の華麗な文化が

流行していたそうです。

きっとパリの貴紳・貴婦人達がオペラ座に集い、上品な挨拶を交わし、

ときには思いを寄せ合い、また旧交を温め合ったりしたのでしょうか。